Events

1/23(火)〜2/3(土) 関戸勇写真展「視線の先」

2018.01.23 - 2018.02.03

このたび、1月23日(火)から弊廊にて関戸勇さんの写真展を開催いたします。昨年に引き続き二回目の開催となります。

関戸さんは、日本大学芸術学部写真学科ご卒業後、岩波映画製作所写真部を経て現在はフリーランスで活動されている北鎌倉在住の写真家です。『大坊珈琲店』(誠文堂新光社)の写真を撮影されたことでもおなじみです。

関戸さんが近所や旅先で歩きながら、昆虫や草花などの自然の風景や、貝や流砂などの海辺の漂着物などを被写体に、何気ない風景を独自の目線で切り取った作品群を展示いたします。

その歩く速度や目線の運び方からは、自然の創造物に対しての敬意、人生を豊かに過ごすためのユーモアを感じることができます。
関戸さんの視線の先にある、生きる喜びに満ちた美しい世界をお楽しみいただければ幸いです。

なお、会期中には二つのイベントを開催いたします。

1月27日(土)は「大坊珈琲店を味わう会」(満員御礼)を開催いたします。

2月2日(金)夜は、関戸さんが熱烈に応援されている浪曲師、東家一太郎さんの浪曲会第四回を開催いたします。今回は、関戸さんが地元で参加されている北鎌倉史跡研究会(緑の洞門を守る会)の地域活動を一太郎さんがオリジナル浪曲に仕立てた「浪花節だよ洞門は」を含む2席を口演していただきます。浪曲会の前にはパーティを開催し、「北鎌倉史跡研究会」代表からお話もございます。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

■開催概要

関戸 勇 写真展「視線の先」

会期:2018年1月23日(火)〜2月3日(土)

火-金 12時〜19時 / 土 12時〜17時 / 日・月休

※会期中1/27(土)は「大坊珈琲店を味わう会」開催のため、イベント中は一部展示をご覧いただけない部分がございます。予めご了承くださいませ。

会場: コミュニケーションギャラリーふげん社

〒104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F

TEL:03-6264-3665 MAIL:info@fugensha.jp

 

■関連イベント

・1月27日(土) 「大坊珈琲店を味わう会」(満員御礼)

・2月2日(金)
築地で名調子!東家一太郎 ふげん社の会 第四回

「東家一太郎ふげん社の会」は、隔月開催の浪曲会です。一太郎さんは関戸さんが熱烈に応援している浪曲師です。関戸さんからのご紹介がきっかけで当店で浪曲会をしていただくようになりました。

今回は、関戸さんが地元・北鎌倉で参加している「北鎌倉史跡研究会(緑の洞門を守る会)」の地域活動を一太郎さんがオリジナル浪曲に仕立てた「浪花節だよ洞門は」と、古典「恩讐藤戸渡り」を口演していただきます。一太郎さんが掛け声の入れ方をレクチャーしてくださる毎回恒例「浪曲道場」もありますよ♪

浪曲は、義理人情を伝える日本のミュージカル!浪曲は初めてという方にも、ぜひお気軽にご参加いただきたいです。
浪曲会の前には写真展クロージングパーティを開催し、「北鎌倉史跡研究会」代表出口茂さんよりお話もございます。ぜひご参加ください。

日時:2018年2月2日(金)
18時〜 クロージングパーティ、「北鎌倉史跡研究会」代表のお話
19時〜 東家一太郎 浪曲会

出演:東家 一太郎 (浪曲師)、東家美(曲師)
木戸銭:¥1,500(ドリンク付)

※要予約

※浪曲会のみのご参加でももちろんOKです

詳細ページ

 

■作家プロフィール

関戸 勇 (せきど・いさむ)

1946年、福岡県八幡市(現・北九州市)生まれ

日本大学芸術学部写真学科卒業、岩波映画製作所写真部を経て、フリーの写真家となる。

現在は「路傍の写真家」と称して、自然や植物、人物などをテーマに写真を撮り続けている。日本風景写真家協会会員。

著書に『鎌倉 感じる&わかるガイド』(2004年、岩波書店)『みんなで実験 楽しく科学あそび』全10巻(2006年、偕成社)『種採り物語』(2004年、福音館書店 月刊「たくさんのふしぎ」)『夢の庭づくり』(2006年、同)、『写真集 鎌倉の森 台峯』(2009年、岩波書店)、『日本で初めてのハーブ農園 天然香料の力』(2017年、彩流社)など。