Events

2/20-3/3 宇田川新聞 個展「本と木版画の休憩室」

2018.02.20 - 2018.03.03

このたび、南陀楼綾繁さん新刊『本好き女子のお悩み相談室』(ちくま文庫)の刊行を記念して、
本書の装画と挿絵を担当された木版画家 宇田川新聞さんの個展を開催いたします。

詩の同人誌『八景』(廿楽順治発行)

同書に使用された作品に加えて、『現代詩手帖』(思潮社)に掲載された詩人廿楽順治さんとの合作や、
神保町の老舗「奥野かるた店」とのコラボ商品『俳諧かるた』の原画の展示、南陀楼綾繁さんと作ったミニコミ絵巻物の展示など、バラエティに富んだ作品展です。

会場では、宇田川新聞オリジナルグッズ(Tシャツ、ポストカード、マスキングテープetc)や、『俳諧かるた』宇田川さんがパッケージデザインをした小諸の喫茶店『読書の森』で収穫しているお米「すろうりぃ米」の販売をいたします。

俳諧かるた(奥野かるた店)

ほっこりあたたかくて、どこか懐かしい宇田川新聞さんのやさしい世界をご堪能いただければ幸いです。

会期中は作家によるしおりWSや、南陀楼綾繁さんのトークイベント(豪華ゲストも!?)も開催いたします。

皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

■開催概要

 

宇田川新聞 個展「本と木版画の休憩室」

会期:2月20日(火)〜3月3日(土)

火-金 12時〜19時 / 土 12時〜17時 / 日・月休

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

〒104-0045
東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F
TEL:03-6264-3665
MAIL:info@fugensha.jp

■関連イベント

●宇田川新聞の木版画教室〜しおりを摺ろう

 

宇田川新聞オリジナルの版木で、しおりを刷ってみませんか?宇田川さんが手取り足取り丁寧に摺り方をレクチャーしてくださいます。摺り方や色合いによって表情が変わりますので、あなただけのしおりを作れます。

所要時間15分程のかんたんなワークショップです。ご予約不要、ご来場記念にお気軽にご参加ください。

 

日時:2月24日(土)、3月3日(土)各日14〜16時

参加費:1,000円(材料費込)

※予約不要ですので、会場へ直接お越しください。開催時間内でしたらいつでも参加できます。

※完成したしおりはお持ち帰りいただけます。

                         完成イメージ

●南陀楼綾繁トークイベント
「本好きアイドルのリアルお悩み相談室」

『本好き女子のお悩み相談室』に登場する新潟発のアイドルグループRYUTistのともちぃこと宇野友恵さんをゲストに迎え、「本好き女子」の実態に迫ります。最近のお悩みも本で解決します!? 新潟の本好きの総本山〈北書店〉店長の佐藤雄一さんも後見人として立ち会います。

トーク終了後、サイン会を予定しています。

 

日時:3月2日(金)19時〜

出演者:南陀楼綾繁(ライター・編集者)

ゲスト:宇野友恵(RYUTist)
佐藤雄一(北書店店長)

参加費:1,500円 ※要予約

※ご予約はメールまたはお電話にてお申し込みください。

03-6264-3665(営業時間のみ) info@fugensha.jp

■プロフィール

宇田川新聞 (うだがわしんぶん)

1971年、東京生まれ。
東京造形大学 造形学部卒業。東京芸術大学 美術研究科 版画専攻修了。

レトロなものをモチーフに、木版画イラストレーターとして
書籍や雑紙、テレビ、広告の木版画を彫ります。

「 新聞 」というペンネームは、浮世絵木版の後期のかたちの一つ、
明治時代の絵入りニュースメディア「 新聞浮世絵 」から。
木版画でなにかを伝えること、木版画の楽しさを伝えることが夢です。

現在の仕事は
テレビ東京 『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』番組内の版画、
小学館 『女性セブン』の佐藤愛子さん小島慶子さん往復書簡の挿絵の小版画、
福音館書店 『月刊 たくさんのふしぎ 』ふしぎ新聞の小カットなど。
著書に『木版画手習帖』( 池田書店 )。

                      作・宇田川新聞

南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)

1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。

早稲田大学第一文学部卒業。明治大学大学院修士課程修了。

出版、古本、ミニコミ、図書館など本に関することならなんでも追いかける。

2005年から谷中・根津・千駄木で活動している「不忍ブックストリート」の代表。各地で開催される多くのブックイベントにも関わる。「一箱本送り隊」呼びかけ人として、石巻市で本のコミュニティ・スペース「石巻まちの本棚」の運営にも携わる。本と町と人をつなぐ雑誌『ヒトハコ』(書肆ヒトハコ)編集発行人。著書に『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『ほんほん本の旅あるき』(産業編集センター)、『町を歩いて本のなかへ』(原書房)などがある。

2017年よりふげん社のHPにてコラム「全国区じゃない本」の連載を開始。