Events

2021/07/13(火) - 2021/07/25(日)

中藤毅彦ワークショップ修了展
「東京を撮る2020-2021」

  • Exhibition

このたびふげん社2階の「デジタルラボPapyrus」で2020年9月〜2021年6月まで開講された写真ワークショップ「東京を撮る」の修了展を二週に渡って3階ギャラリーにて開催いたします。

写真家・中藤毅彦氏の指導のもとでストリートスナップの極意を学んだ12名の力作をどうぞご覧ください。

 

講師:中藤毅彦からのメッセージ

近来稀に見る災禍によって、この1年半余りの時間で、東京の街も我々の生活基盤も大きな影響を受けた。AクラスとBクラスのワークショップは「東京を撮る」という同一のテーマで互いに交わる事無くパラレルワールド的に開催された。困難な状況の中、各々の切り口で撮り続けた東京の姿は、時代を映した多面性の鏡となるだろう。2つのクラスの成果に現れた同時代における多様性を比較しながら、併せてご覧頂ければ幸いである。

 

■開催概要

デジタルラボPapyrus

中藤毅彦ワークショップ修了展「東京を撮る2020-2021」

【前期】

2021年7月13日(火)〜7月18日(日)

阿部仁一、伊藤泰宏、大原嘉恵、武山聡子、正直秀文、松島 寛

【後期】

2021年7月20日(火)〜7月25日(日)

加藤直子、中井隆雄、中野久美、宮崎正弘、吉田奈美、渡邊諭

火〜金 12:00〜19:00

土・日 12:00〜18:00

休廊:月曜日

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12

TEL:03-6264-3665 MAIL:info@fugensha.jp

https://fugensha.jp

 

■講師プロフィール

中藤 毅彦 Takehiko Nakafuji

1970年東京生まれ。 早稲田大学第一文学部中退。東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。 モノクロームの都市スナップショットを中心に作品を発表し続けている。 国内の他、東欧、ロシア、キューバ、フランス、米国など世界各地を取材。ロックミュージシャンのオフィシャルカメラマンを担当。作家活動と共に、東京四谷三丁目にてギャラリー・ニエプスを運営。写真集は『Enter the Mirror』、『Night Crawler』、『Paris』、『STREET RAMBLER』、『White Noise』など多数。第29回東川賞特別作家賞受賞。第24回林忠彦賞受賞。

http://takehikonakafuji.com/

 

■ デジタルラボ Papyrusについて

ふげん社2階にあるデジタルラボです。写真表現のあり方と印刷 の未来を皆さんと一緒に考える実験室です。 Canon PRO-4000 など大判サイズまで対応したインクジェットプリンターや、高精細フィ ルムスキャナー「FLEXTIGHT X5」、 Photoshop 完備の iMac が揃った教室などの設備を 有しています。出力設備のレンタル、写真にまつわる教室を開講しています。

デジタルラボ Papyrus

https://papyrus-labo.fugensha.jp/

 

※コロナウィルスの感染予防対策について

当館では会場の衛生管理に細心の注意を払い営業しております。

会場内の換気や、不特定多数が接触する場所(階段の手すり、ドアノブ、スイッチなど)のアルコール消毒をおこないます。

お客様には下記の点をご協力下さいますようお願い申し上げます。

・発熱や風邪症状、体調に不安がある方はご来店をお控えください。

・入口で消毒液での手指消毒をお願いいたします。

・咳エチケットにご協力をお願いいたします。