Events

2022/06/02(木) - 2022/06/19(日)

岡田 将 写真展「Microplastics」

  • Exhibition

© Susumu Okada

このたび、2022 年 6 月 2 日(木)から 6 月 19(日)まで、岡田将写真展「Microplastics」をコミュニケーションギャラリーふげん社で開催いたします。また、本展にあわせて初の写真集『The Microplastic Book』(私家版)も出版し、展覧会場でお披露目いたします。

岡田将(おかだ・すすむ)は、1984 年東京都出身の写真家です。2005 年日本写真芸術専門学校研究科を修了後、フリーランスの写真家として活動しています。2018 年には、日本最大級の公募写真展「キヤノン写真新世紀」にて、サンフランシスコ近代美術館写真部門の名誉キュレーター、サンドラ・フィリップスの選出で優秀賞を受賞しています。

本展は、新作シリーズ〈Microplastics〉を約 40 点展示いたします。前作〈無価値の価値〉は、路傍の砂を顕微鏡でピントを少しずつ変えながら撮影し、数百枚のデータを合成して一枚の明瞭な画像を作り出す深度合成という手法を用いて制作されたものです。その後、環境問題に興味を抱き、直径1ミリ程度のマイクロプラスチックを撮影した続編として本シリーズの制作を始めました。

海洋に流出したプラスチックゴミが海流や紫外線の影響によって微細に砕けたマイクロプラスチックは、近年環境問題の中でも特に問題視されています。顕微鏡撮影・深度合成によって拡大されたマイクロプラスチックは、“生分解されない微細なゴミ”という厄介な存在を可視化するだけにとどまらず、まるで宝石のような、あるいは生物を思わせるとても豊かで美しい姿をわたしたちに見せてくれます。環境問題を現代美術の視点から解釈した世界観を、ぜひご覧ください。

© Susumu Okada

© Susumu Okada

© Susumu Okada

■開催概要

岡田将 写真展「Microplastics」

2022 年 6 月 2 日(木)〜6 月 19 日(日)

主催・会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

〒153-0064 東京都目黒区下目黒 5-3-12

TEL: 03-6264-3665 Mail:info@fugensha.jp

https://fugensha.jp

キュレーション:打林俊(写真評論家・雑誌『写真』エディトリアル・ディレクター)

協力:株式会社カラーサイエンスラボ

開館時間:
火〜金 12:00〜19:00
土・日 12:00〜18:00

閉館:月曜日

 

■プロフィール

岡田 将 Susumu Okada

1984 東京生まれ

2005 日本写真芸術専門学校研究科修了

2011 Nikon Juna21 入選

2015 Nikon Juna21 入選

2018 Canon 写真新世紀 2018 年度 優秀賞 受賞

個展

2012 白い痕跡(ニコンサロン | 東京・大阪)

2016 砂の顔(ニコンサロン | 東京・大阪)

2019 Neo Atlas(GalleryYukihira | 東京)

 

■イベント

6 月 11 日(土)14:00〜

トークショー 岡田将×打林俊(写真評論家)×橋詰冬樹(グラフィック・デザイナー)

参加費:1000円(会場観覧・オンライン配信)

チケットはオンラインストアからご購入ください。

https://fugensha-shop.stores.jp/

※アーカイブ視聴可能期間は 2022 年 7 月 10 日(日)まで

詳細はこちら

 

■新刊写真集

岡田将写真集『The Microplastic Book』

写真:岡田将

編集・寄稿:打林俊

ブックデザイン:橋詰冬樹(TOR DESIGN)

判型:A5 変形

印刷:株式会社山田写真製版所

私家版

価格:

【通常版】 並製本 2,750 円(税込)通販はこちら

【特装版】ドイツ装(マイクロプラスチック埋め込み)5,500 円(税込)通販はこちら