Events

2023/02/24(金) - 2023/03/12(日)

下川晋平写真展
「Neon Calligraphy」

  • Exhibition

©︎ Shimpei Shimokawa

このたび 2023年2月24日(金)から3月12日(日)までコミュニケーションギャラリーふげん社にて、 2021年34歳で夭逝した写真家・下川晋平の作品集『Neon Calligraphy』 (出版:東京綜合写真専門学校出版局(TCP PRESS)/発売:ふげん社)の刊行を記念した展覧会を開催します。

1986年長野県生まれの下川は、慶應義塾大学総合政策学部でイスラム文化を学んだ後、2011年には東京綜合写真専門学校に入学、その後、 東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻で現代美術を学びました。

本作〈Neon Calligraphy〉は、 イランの都市にひしめく商店のネオン看板 にカメラを向 けたシリーズで、生前、2020年にニコンサロンで発表された作品です。 神の言葉を可視化する「書」が町中で発光する、聖と俗が入り混じるイスラム世界独特の風景をご覧ください。 会期中には、写真評論家の飯沢耕太郎氏、 写真家の伊奈英次氏、イスラーム研究者の奥田 敦氏によるギャラリートークを開催いたします。

©︎ Shimpei Shimokawa

©︎ Shimpei Shimokawa

©︎ Shimpei Shimokawa

 

■開催概要

下川晋平写真展 「 Neon Calligraphy 」

2023年2月24日(金)〜3月12日(日)

火〜金 12:00〜19:00

土・日 12:00〜18:00

休廊:月曜日

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12

TEL:03-6264-3665

MAIL:info@fugensha.jp

https://fugensha.jp

 

■作家プロフィール

下川晋平 Shimpei Shimokawa

砂漠と「北」を主なフィールドとする写真家。 1986年長野県北安曇生まれ。慶應義塾大学総合政策学部で奥田敦教授に師事。アラビア語、イスラム文化を学ぶ。 2011年東京綜合写真専門学校夜間部に入学、伊奈英次に師事。 2012年、東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻入学。 2020年ニコンサロンで下川晋平写真展「Neon Calligraphy」を開催。2021年持病のクローン病が悪化し、永眠。

 

■イベント

ギャラリートーク 飯沢耕太郎(写真評論家)×伊奈英次(写真家)×奥田敦 (イスラーム研究者)

日時:2月25日(土)15:00〜16:30

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

参加費 1000円(会場観覧・オンライン配信)

チケットはオンラインストアからご購入ください。

https://fugensha-shop.stores.jp

※アーカイブ視聴可能期間は2023年3月26日(日)まで

詳細はこちら

 

■新刊写真集のご案内

下川晋平『Neon Calligraphy』

発行人 :伊奈英次

発行:東京綜合写真専門学校出版局

発売:ふげん社

テキスト:飯沢耕太郎、都築響一、奥田敦

監修(アラビア文字関連):奥田敦

翻訳:ララビー・ハート/協力:下川家一同

編集・デザイン:岡田奈緒子・小林功二 (Lamplighters)

印刷・製本:渡辺美術印刷株式会社

仕様:216×303mm /上製本64ページ

定価:3,850円(本体3,500円+税)

2023年1月1日発行

ISBN 978-4-908955-20-4

通販はこちら