Events

2019/07/05(金)

築地で名調子! 東家一太郎 ふげん社の会 第十二回

  • Event

「築地で名調子!東家一太郎 ふげん社の会」は、隔月開催の浪曲会です。

みなさん、浪曲という芸能をご存知でしょうか? 浪曲は義理人情の心を、流麗な名文と、巧みな声と節、 話芸で伝える芸です。

第十二回目となる今回のテーマはずばり、「夏の忠臣蔵」。

義士外伝を二席ご披露いただきます。討ち入り数ヶ月前の知られざる感動ヒストリーをお楽しみください。

浪曲は初めてという方も、ぜひお気軽に足をお運びください。

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

 

■開催概要

築地で名調子!東家一太郎 ふげん社の会 第十二回

夏の忠臣蔵!!義士外伝を二席!
〜討ち入り数ヶ月前の知られざる感動ヒストリー〜

日時:2019年7月5日(金)19:00〜20:30

出演:東家 一太郎 (浪曲師)、東家美(曲師)

参加費:1,500円(ドリンク付)※要予約

■演目

笑いたっぷり浪曲道場〜これであなたも忠臣蔵通♪

神崎与五郎とその兄「弥作の鎌腹(かまばら)」

大高源吾と水沼久太夫「腹切魚(ふくせつぎょ)の別れ」

 

■予約方法

電話とメールで承っております。

ご予約の際は「代表者のお名前、参加人数、当日のご連絡先(電話番号)」をご連絡ください。

TEL:03-6264-3665

Mail:event@fugensha.jp

 

■プロフィール

浪曲師

東家 一太郎 (あずまや いちたろう)

生年月日:1978年10月8日

出身地:東京都 新宿区 百人町

出身校:早稲田大学第一文学部日本文学専修 卒業

浪曲と三味線のあうんの呼吸に魅了され、2007年7月、二代目東家浦太郎門下に入門。浅草木馬亭ほか、自身の勉強会などで活動している若手浪曲師。

相三味線(曲師)は妻、東家美。夫が浪曲師、妻が曲師という夫婦の浪曲コンビは現在、一組だけ。

息の合った掛け合い、夫婦 二人三脚で紡ぐ浪花節は古典だけに留まらず、「一太郎の浅草案内」「シートン動物記~オオカミ王ロボ」などの新作浪曲で、浪曲の魅力を知らない世代にも親しまれる芸を目指している。

2018年11月に主催した東家一太郎 いち・かい 第7弾 「浪曲の明日」公演にて平成30年度(第73回)文化庁芸術祭 新人賞(大衆芸能部門)を受賞。

https://www.rokyoku.com/