Artists

Photographer

GOTO AKI

  • 1972年川崎市生まれ

1972年川崎市生まれ。1993~94年の世界一周の旅から今日まで56カ国を巡る。丸紅にて天然ガスのパイププライン輸送ビジネスに携わった後、東京綜合写真専門学校写真芸術第二学科へ入学。鈴木清氏、小林のりお氏に学ぶ。1999年より写真家としての活動を開始。同年、初個展 「journey on life」(ニコンサロンJuna21) を開催。その後イタリア・レッジオエミリアにてライティングを学び帰国。2007年頃、撮影対象がストリートスナップから日本の風景へと移行し、今に至る。現在、日本の風景をモチーフに地球原初の姿を捉える創作を続け、新たな風景写真を生み出している。

「terra」(写真集 赤々舎 2019・写真展 キヤノンギャラリーS 2019)にて、2020年日本写真協会賞新人賞受賞。

武蔵野美術大学造形構想学部映像学科・日本大学芸術学部写真学科非常勤講師。

 

2021.6.17- 7/11 「event horizon – 事象の地平線 – 」

Born 1972 in Kawasaki City, Japan. He has traveled to 56 countries from an around-the-world journey in 1993 to date. After working at Marubeni Corporation, he studied under Kiyoshi Suzuki and Norio Kobayashi, launching his career as a photographer in 1999. He currently focuses on capturing the primitive appearance of Earth using Japanese landscapes as his motif, and continues to explore the horizons of innovative landscape photography. His 2019 photobook & exhibition “terra” garnered him the 2020 Photographic Society of Japan Awards Newcomer’s Award. 

Graduated in 1995 from the Faculty of Economics at Sophia University, and in 1999 from the Photographic Art Secondary Department of Tokyo College of Photography. Instructor at the Imaging Arts and Sciences Department, Musashino Art University, and at the Photography Department, Nihon University College of Art.