Artists

Photographer

Keizo Motoda

元田敬三

  • 1971年大阪生まれ

1971年大阪生まれ。

桃山学院大学経済学部卒業後に写真を始める。

1995年ビジュアルアーツ専門学校大阪へ入学。

在学中の1997年「ON THE STREET, OSAKA」で第33回準太陽賞受賞。

1997年より上京し、東京を拠点にphotographers’ galleryの立ち上げに参加するなど積極的に写真作品を発表。

2004年、グループ展「out of the ordinary/extraordinary」現代日本写真 -海外巡回展に参加。

(国際交流基金ギャラリー/ケルン、ドイツ・欧米・アジア主要都市を巡回)

2016年、「東京・TOKYO 日本の新進作家展 vol.13」(東京都写真美術館)にて「ツッパルな」発表。

国内外で個展、グループ展多数。

時代は変われど人と人の関係は変わらない。

一貫して都市の路上をテーマに一期一会の人物のスナップショットを制作。

Born in Osaka. Graduated in Economics from Momoyama-gakuin University in 1994. Graduated from the Visial Arts College,Osaka in 1997. He has held at least one exhibition a year since 1996, working actively since his university days to present his work to the world. Utilizing the ‘street snap’ technique, his dynamic representations of chaotic contemporary city life won him Runner-up Award in the Sun Prize. He has already produced three books of work: “Blue Water” (Wides Publishing 2001).  SNAP OSAKA“(Photographers’ gallery, 2002) .  We got the gun” (Foto File Press, 2003).”Capella“(bookshopM,2010). “Sunday Harajuku  (Omoplata). “TODOROKI” (sokyusya). He  currently lives in Zushi Kanagawa near Tokyo.