Artists

Rakugo storyteller

Kokontei Komaji

古今亭駒治

  • 1978年東京都渋谷区幡ヶ谷生まれ

1978年(昭和53年) 東京都渋谷区幡ヶ谷生まれ

2003年(平成15年) 玉川大学卒業後、古今亭志ん駒に入門 「駒次」

2007年(平成19年) 二つ目昇進

2010年(平成22年) 共同通信社主催東西落語家コンペティショングランプリ受賞「公園のひかり号」

2013年(平成25年) 交通新聞社新書「鉄道落語」を共著(柳家小ゑん、桂梅団治、桂しん吉)で出版。「鉄道戦国絵巻」「都電物語」を収録

2017年(平成29年) しぶやらくご創作落語大賞受賞「10時打ち」

2018年(平成30年) 古今亭志ん駒死去にともない、古今亭志ん橋に入門。

真打昇進「駒治」に改名

 

現在 自作の新作落語で活躍。

身近なテーマを落語にしている。

 

特に鉄道落語は、寄席や鉄道落語会の他、鉄道博物館、東武鉄道ファンフェスタ、京急鉄道フェスタ、東急東横店イベント、池上線開業90周年祭、池上線雪が谷大塚車庫内での落語会、三陸鉄道復興寄席、荒川区都電写真展、都電落語会、弘南鉄道大鰐線、旧新橋停車場鉄道歴史展示室など、様々な場所で披露している。

 

出囃子:鉄道唱歌

紋:鬼蔦、青がえる

趣味:鉄道に乗ること

前駅を調査すること

スワローズを応援すること

CHAGE&ASKAの音楽を聞くこと

座右の銘:毎日が試運転

 

(写真撮影:武藤奈緒美)

Born in 1978 in Hatagaya, Shibuya-ku, Tokyo

After graduating from Tamagawa University in 2003, he became a disciple of Kokontei Shin-Koma. His first name was “Komaji”.

He promoted to futatsumein 2007.

In 2010, he won the Grand Prix of the Tozai rakugo artist competition sponsored by Kyodo News for his story “Hikari in the Park”.

In 2013, he co-authored a new book, Railroad Rakugo, published by Kotsu Shinbunsha.

In 2017, he won the Shibuya Rakugo Creative Rakugo Award for “10 o’clock strike”.

In 2018, he became a disciple of Kokontei Shinbashi upon the death of Kokontei Shinkoma.

He was promoted to the rank of shinuchi and changed his name to Komaji.

 

He is currently working on a new rakugo piece of his own.

He has been creating rakugo stories on familiar themes.

 

Debayashi(The music played when a rakugo storyteller come up to a koza):Tetsudou shouka

Hobby:Riding trains.

Investigating Mae-eki.

Rooting for the Swallows.

Listening to the music of CHAGE & ASKA