Events

2020/10/08(木) - 2020/10/25(日)

笠木絵津子個展
「私の知らない母」大型プリント展
ー林忠彦賞受賞を記念してー

  • Exhibition

「1945年、満洲国東満省(黒竜江省)石頭東方、21歳の母と」©Etsuko Kasagi

 

このたび、コミュニケーションギャラリーふげん社では、2020年10月8日(木)から10月25日(日)まで、笠木絵津子個展「『私の知らない母』大型プリント展―林忠彦賞受賞を記念してー」を開催いたします。

笠木絵津子は 1952 年兵庫県尼崎市生まれの現代美術家です。1977 年奈良女子大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了後、京都大学基礎物理学研究所を経て、1980 年にフリーカメラマンとなります。1992 年にはニューヨーク大学大学院芸術研究科スタジオ・アート専攻修士課程修了しました。

母・久子(1924~98 年)の死後、自分の母親の人生について何も知らなかったことに愕然としたという笠木は、伯母の家で出会った古い家族写真にいざなわれるようにして、戦前の東アジアに生きた母の軌跡をたどるシリーズの制作を始めます。母・久子は、日本統治時代の朝鮮・鏡城(現北朝鮮)で生まれ、台湾、満州(現中国東北部)を経て、1946 年、日本へ引き揚げました。笠木は、母を知る人物へのインタビューや、戦前の満州や台湾の文献調査を重ねていきました。最終的に、母がかつて暮らした場所へ実際に赴いて撮影した際、彼女の脳内に立ち現れた現在と過去が入り混じるイマジナリィな光景を表現しようと試みたのが、古い家族写真、収集した当時の東アジアを捉えた古写真などをダイナミックに交錯させたデジタルコラージュ作品でした。

母の死から 21 年経った 2019 年に、本シリーズの集大成である作品集『私の知らない母』(クレオ)を出版しました。本著は「「時間と空間の芸術」といわれる写真の到達点」として評価され、2020 年第 29 回林忠彦賞を受賞しました。

当展では、「私の知らない母」からオリジナルの大型プリント 10 数点を展示します。会期中には、物理学と東アジア史の専門家を招いてのトークショーも開催します。

娘が肉体的にも精神的にも一番関係の深い母親のルーツを辿ることは、一見、アイデンティティをめぐる私的な営みに思えますが、本作は動乱の歴史を生き抜いた個人や一家族が 浮き彫りになると同時に、市井の人々を翻弄した時代や歴史という大きな力をも実感させ られます。そこにあった時間、そこにあった人々が現前する等身大のプリントを通して、 時空を超えた一大叙事詩をご高覧ください。

「1953年正月、兵庫県尼崎市元浜町2の89の引揚げ者の寮にて、私を抱く母と、母を抱く私」©Etsuko Kasagi

■開催概要

笠木絵津子「私の知らない母」大型プリント展

―林忠彦賞受賞を記念してー

2020年10月8日(木)~10月25日(日)

火~金 12:00~19:00  土・日 12:00~18:00

休廊:月曜日

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

〒153-0064 東京都目黒区下目黒 5-3-12

TEL:03-6264-3665 MAIL:info@fugensha.jp

https://fugensha.jp

 

イベント:

・10月11日(日)14:00から

ギャラリートーク 笠木絵津子×山内正則(高エネルギー加速器研究機構・機構長)

・10月17日(土)14:00から

ギャラリートーク 笠木絵津子×加藤聖文(国文学研究資料館・准教授)

※いずれも参加費 1000 円(要予約)

ご予約先→TEL:03-6264-3665    Mail:event@fugensha.jp

※YouTube チャンネル「スタジオビッグバード」にて同時ライブ配信(有料)

 

■作家プロフィール

笠木絵津子 Etsuko Kasagi
現代美術家 千葉市在住

【学歴等】

1952 兵庫県尼崎市生まれ
1960 父の故郷である兵庫県姫路市に転居
1971 兵庫県立姫路西高等学校卒業
1975 奈良女子大学理学部物理学科卒業
1977 奈良女子大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了(理学修士)
1977 京都大学基礎物理学研究所文部教官助手となる
1980 京都大学基礎物理学研究所を退職、フリーカメラマンとなる
1984-87 高エネルギー物理学研究所(現、高エネルギー加速器研究機構)で巨大加速器
トリスタンの建設過程を撮影
1992 ニューヨーク大学大学院芸術研究科スタジオ・アート専攻修士課程修了(マスター・オブ・アーツ)

【受賞等】

2003 第 26 回キヤノン写真新世紀、奨励賞受賞
2007 第 10 回岡本太郎現代芸術賞、入選
2007 第 29 回姫路市芸術文化賞、芸術年度賞受賞
2007 第 26 回土門拳賞、「ふたつの時間ふたつの光」が最終選考に残る
2020 第 29 回林忠彦賞、受賞、作品集『私の知らない母』について

【作品収蔵】

高エネルギー加速器研究機構、岐阜県飛騨市神岡町、姫路市立美術館、アート・バイ・ゼロックス、
周南市美術博物館、他

※コロナウィルスの感染予防対策について
当館では会場の衛生管理に細心の注意を払い営業しております。
会場内の換気や、不特定多数が接触する場所(階段の手すり、ドアノブ、スイッチなど)のアル コール消毒をおこないます。
お客様には下記の点をご協力下さいますようお願い申し上げます。
・発熱や風邪症状、体調に不安がある方はご来店をお控えください。
・入口で消毒液での手指消毒をお願いいたします。
・咳エチケットにご協力をお願いいたします。