Events

幸本紗奈写真展「遠い部屋、見えない都市へ」

2019.02.19 - 2019.03.09

このたび、2月19日(火)〜3月9日(土)まで、幸本紗奈 写真展「遠い部屋、見えない 都市へ」を開催します。

幸本紗奈さんは 1990 年生まれの写真家です。この写真展は、2018 年にガーディアン・ガーデンで開催された第 19 回写真「1_WALL」ファイナリストに選出された同名の作品から、さらにその世界を深化させたものです。

本展は、二つのシリーズで構成されています。
ひとつめは、「遠い部屋」です。「所属せぬひと」「異邦人」の目になり、自分の内側にある小さな部屋から覗き込むようにして、身近な景色を繊細に写し取ってきたシリーズです。ふたつめは、姉の住む異国に降り立ち、 本当の「異邦人」となった体験を記録した「見えない都市へ」のシリーズです。

幸本さんの作品に写る、絶え間なく変容し続けるどこまでも不安定な他者との関係性は、どこか懐かしく孤独な、他者とのふれあいを想起させます。

人は誰しも心のなかに「遠い部屋」 を持ち、「見えない都市」を志向するのではないでしょうか。

新進作家の展覧会を、この機会にぜひご高覧いただけますと幸いです。

 

■開催概要

幸本紗奈 写真展
「遠い部屋、見えない都市へ」
Other room, to the invisible cities

会期:2019年2月19日(火)〜3月9日(土)
火-金 12時〜19時 / 土 12時〜17時/ 日・月休

会場: コミュニケーションギャラリーふげん社
〒104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F

TEL:03-6264-3665 Mail:info@fugensha.jp

 

所属せぬひと・到着者であり続けるための反復運動。よくわからない物事はいつでもある種の予感を含んでいる。遠い声、目配せに応えるように、沈黙の世界を構築する。

これまで私は、この場に居ながら異邦人であり続けることを目標の 1 つとして写真をしてきました。幼い頃から作り上げた部屋、内的な思考空間を、小さな祈りの場・砦として持ち、その窓から外界を覗き込むような気持ちで続けてきたように思います。
しかし今回展示する写真の軸になるのは、姉の住む遠い国に行き、さまよった体験をもとに作りはじめたものです。

入りこんだ、触れたと思った途端にその瞬間はたちまち去り、視線は立ちすくんで一部をただ凝視する、を繰り返す。実際の異邦人になった私は、内部で部屋が強化されるのを感じると同時に、それが変容していく予感を持ちました。

幸本紗奈

 

■作家プロフィール

幸本 紗奈 Sana Kohmoto
1990 年広島県で生まれる。
武蔵野美術大学造形学部映像学科写真表現コース 山崎博ゼミ卒業
第19回写真「1_WALL」 ファイナリスト

 

■関連イベント

沢山遼(美術評論家)×幸本紗奈 ギャラリートーク + パーティ
第 19 回写真「1_WALL」審査員を務められている美術評論家の沢山遼さんをゲストにお招きし て、ギャラリートークを開催いたします。
トークの後は、ささやかなパーティを催します。
ぜひお誘い合わせの上、お運びください。

日時:2月23日(土)
トーク 14:00〜15:30
終演後パーティ 〜17:00
参加費:1,500 円

※ご予約制です。ご予約は電話とメールで承っております。

TEL:03-6264-3665 Mail:event@fugensha.jp

 

●ゲストプロフィール

沢山 遼 Ryo Sawayama

美術評論家。1982 年生まれ。2007 年、武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程修了。2010 年「レイバー・ワーク──カール・アンドレにおける制作の概念」で『美術手帖』第 14 回芸術 評論募集第一席。武蔵野美術大学、首都大学東京等非常勤講師。論文や雑誌などへの寄稿多数。