Events

2022/08/25(木) - 2022/09/11(日)

川口翼写真展
「夏の終わりの日/Velvet sepia-toned heat haze」

  • Exhibition

© Tsubasa Kawaguchi

このたび 2022 年 8 月 25 日(木)から 9 月 11 日(日)まで、川口翼写真展「夏の終わりの日/Velvet sepia-toned heat haze」をコミュニケーションギャラリーふげん社にて開催いたします。

川口翼は、1999 年静岡県生まれの写真家です。2021 年、東京ビジュアルアーツ写真学科を卒業し、卒業制作の審査でグランプリを受賞。同校の講師でもある写真家・有元伸也が主宰する TOTEM POLE PHOTO GALLERY では、写真をネガの状態にしたプリントに赤いライトを照らし展示した実験的な個展「THE NEGATIVE」(2021)を開催。同年、第一回ふげん社写真賞の最終候補にに選出、今年は第二回ふげん社写真賞グランプリを受賞するなど、近年エネルギッシュに活動する若手写真家の一人です。

本展では、夏と追憶をテーマにした新作 30 点を展示いたします。川口は、ピントが合わない、セピア調の写真が生成される壊れかけのカメラをたまたま手に入れたことがきっかけで、一夏を撮ろうと考え、地元へ帰省した際にスナップを撮り溜めたそうです。

「JPEG の撮り放し」のデータにレタッチやプリントを繰り返すことで生まれる荒い描写は、段々と時間が経過してデフォルメされていく記憶とリンクします。川口が「私性の底に潜む普遍性を求めた」と言う同シリーズは、現在・過去・未来のあらゆる時間軸が交わる、鑑賞者それぞれの「夏」を想起させることでしょう。

会期中には、雑誌『写真』編集長の村上仁一さんを対談相手に、ギャラリートークを開催します。

© Tsubasa Kawaguchi

© Tsubasa Kawaguchi

 

■開催概要

川口翼 写真展 夏の終わりの日
Velvet sepia-toned heat haze

2022 年 8 月 25 日(木)〜9 月 11 日(日)
火〜金 12:00〜19:00
土・日 12:00〜18:00
休廊:月曜日

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社
〒153-0064 東京都目黒区下目黒 5-3-12
TEL:03-6264-3665 MAIL:info@fugensha.jp
https://fugensha.jp

 

■プロフィール

川口 翼(かわぐち・つばさ)

1999 年 静岡県⽣まれ
2021 年 「THE NEGATIVE」(TOTEM POLE PHOTO GALLERY)
2021 年 東京ビジュアルアーツ写真学科卒業
2021 年 第⼀回ふげん社写真賞ノミネート
2022 年 第二回ふげん社写真賞グランプリ

現在は近所にある製本⼯場で働きながら写真制作を⾏なっている。

 

■イベント

9 月 3 日(土) 14:00〜15:00
ギャラリートーク 川口翼×村上仁一(雑誌『写真』編集長)

会場観覧・オンライン配信 参加費 1000 円
チケットはオンラインストアからご購入ください。
https://fugensha-shop.stores.jp/
※アーカイブ視聴可能期間は 2022 年 10 月 2 日(日)まで

詳細はこちら