Columns

[PeelingCity_book #2]製版と色校正について

Fumi Sekine

2017.08.25

印刷立会いのようす。新納さんの表情がすべてを物語っています!

こんにちは。『PEELING CITY』制作ブログを立ち上げたはいいものの、しばらくのあいだ更新を怠っており大変失礼いたしました。

この一ヶ月写真集の制作に追われておりましたが、やっと印刷の段階までこぎつけ、今週8/21、22と印刷立会いをおこなっていました。

出来上がりは上々です!!

リアルタイムなレポートをお読みになりたい方は、TwitterInstagramでタグ「 #peelingcity_book 」をぜひ検索してみてください。新納さんやふげん社がツイートしているのをご覧いただけるかと思います。

 

さて、今日は印刷の前の工程である「製版」と「色校正」についてお話したいと思います。

写真集作りのかんたんな流れは下記のとおりです。

編集→製版→色校正→印刷→製本・加工

収録する写真作品が決まったら、写真データを製版します。

写真のデータは、RGBというRed、Green、Blueという光の三原色でできています。それを製紙の工程で、紙の上で再現可能なCMYKのデータに置き換えます。

CMYKとは、C=cyaan(シアン)、M=magenta(マゼンタ)Y=yellow(イエロー)、K=ブラック。印刷物は、基本的にこの四色でできています。

モニター上のデータ(RGB)と、紙の上で再現できる色(CMYK)の幅が違うため、製版の段階で、印刷に適したデータに調整するということです。

さらに、同じデータでも、用紙の種類によって表現が変わってきます。つまり使用する用紙の特性も把握しつつ、データの色調整をする必要があるのです。

写真がただの画像データから、紙に定着して本となる際、作家が思い描くカラーを忠実に再現するために、製版はとっても大切な工程なのです!

写真集PEELING CITYの製版工程はこんなかんじでしたよ。

 

●7月5日 顔合わせ・原稿うけとり

左から、デザイナーの伊野さん、新納さん、製版の大戸さん。

作家のプリントは、大事な色見本となります。

新納さんの作風を見て、色調整の方向性を相談しました。

 

●7月28日 一回目の校正チェック

色調整した写真を、弊社工場にあるプルーフマスターで色校正を本紙(実際の印刷で使う用紙)に出力し、チェックします。

『PEELING CITY』の用紙には、「b7トラネクスト」を採用しました。色が沈みやすい傾向にあるので、それを考慮した製版になっています。

作家のプリントと色校正を見比べ、色校正の修正したい箇所に赤ペンで修正の方向性の指示をします。

『PEELING CITY』のテーマは「影」「暗部」。

影の部分がはっきりと見えすぎてしまっている写真は、あえて暗くつぶすという指示もありました。

写真集をお手にとった際には、都市に暗く落ちる影にぜひご注目ください。

 

●8月17日 二回目の校正チェック

二回目の修正を経て、再校正をチェックします。

表紙の写真も、ばっちり色が出ました!

ほとんど言うことなし。これで印刷に取り掛かる準備は整いました。

 

印刷の現場でも、たくさんの調整はできますが、しっかりと製版の段階で正しい方向性にデータを修正していないと、印刷で120%の力を出せません。

今回は、大事な大事な製版の工程のお話でした。

 

また近いうちに記事をアップします。ご期待くださいませ。

 

Fumi Sekine
Fumi Sekine プロフィール

ふげん社店主